ヴィターレ・バルべリス・カノニコは、未来を『BACK TO 21』で見つめる - Vitale Barberis Canonico
ヴィターレ・バルべリス・カノニコは、未来を『BACK TO 21』で見つめる
  • ミラノ
  • 2020年 09月 07日

2020年9月8日、9日に開催される第31回『ミラノ・ウニカ』の機会に合わせ、ウールメーカー『ヴィターレ・バルべリス・カノニコ社』は、『Back To 21』 をテーマに2021/2022秋冬コレクションを発表。

原点への回帰、南アメリア産最高級素材の追求、ヴィターレ・バルべリス・カノニコにとってそれは特殊ウール『21マイクロン』と言えます。2021/2022新コレクションでは、『21マイクロン・シリーズ』の冬物の充実を図り、同社のシンボル的なファブリック『フランネル』を多彩色バージョン『Beausoleil(ボーソレイユ)』として提案し、現代の消費者のニーズに最大限に応えつつ、生地そのものの価値やクォリティに主眼を据えています。 

共有する