ヴィターレ・バルべリス・カノニコ社の2019年新サステナビリティ・レポートを発表 - Vitale Barberis Canonico
ヴィターレ・バルべリス・カノニコ社の
2019年新サステナビリティ・レポートを発表
  • プラトゥリヴェーロ
  • 2020年 06月 17日

ヴィターレ・バルべリス・カノニコは、第2回サステナビリティ・レポートとして発表し、人、環境そして製品という自社の価値観とともに新たなスタートを踏みます。

2019年における数多くの高潔な取り組みは、2018年の終わりに翌年の目標として掲げたもので、その中でも特に重要なのは、マネジメントシステム統合QSA(認定セキュリティ評価機関)を自主的に加入し、第三者からの公式な認定を得たことです。

ヴィターレ・バルべリス・カノニコはこれ以外にも、有害化学物質の排出ゼロを目指すMRSL(製造時使用制限物質リスト)に適合した化学製品の総合管理に関するケミカル・マネージメントを立ち上げました。

同じく2019年、サステナビリティ・テキスタイルの初ラインH.O.P.E.を発表。『How to Optimise People and Environment』のイニシャルをとったこのラインは、人と自然を大切に扱った当社の企業活動の証となるものです。

当社はこの新レポートにより、人とそのプロ意識、職場環境の安全と健康、環境保護、生産活動を展開する地域への配慮、さらには製品に対する責任という基礎的価値観に焦点をあてたいと考えています。

共有する