ヴィターレ・バルべリス・カノニコ&鴨志田康人がミラノ・モーダ・ウオモでBETWEENを発表 - Vitale Barberis Canonico
ヴィターレ・バルべリス・カノニコ&鴨志田康人がミラノ・モーダ・ウオモでBETWEENを発表
  • ミラノ
  • 2019年 06月 16日

ウールメーカー『ヴィターレ・バルべリス・カノニコ』が織り上げた限定ファブリック4種類を日本で『カモシタ・ユナイティッドアローズ』立ち上げた鴨志田康人氏によるデザインで独占製作されたジャケット、コート、パンツの組み合わせ12種類をカプセルコレクション『Between』として発表します。
同コレクションは6月16日、ソルフェリーノ通り23番地にあるヴィターレ・バルべリス・カノニコ社ショールームにてミラノ・モーダ・ウオモのアンテプリマとして披露され、この秋から『Mr Porter』及び『ユナイテッドアローズ』にて販売予定です。
『モード』を『古典』と結びたいという鴨志田康人の発想からこの『Between』というライン・コンセプトは生まれました。最もコンテンポラリーなブランドが、サルトリアのクラシックな洋服からインスピレーションを得る、あるいはその逆も徐々に目につくようになってきました。イタリアでもより保守的になったブランドもあれば、より目立ちやすいスタイルを選ぶブランドも現れてきています。
日本人デザイナー鴨志田氏は、単にシンプルなのではなく、伝統にこだわるだけでもない、どこかコンテンポラリーなもの、ファッション性を感じさせながらも、時を超えて長く生き続けるメンズクローズの創造を追求したのです。
こうして『モード』と『古典』の狭間に『Between』が生まれました。

共有する