ヴィターレ・バルベリス・カノニコが第26回ミラノ・ウニカにて 独自の解釈によるスーパーソニック人を披露 - Vitale Barberis Canonico
ヴィターレ・バルベリス・カノニコが第26回ミラノ・ウニカにて 独自の解釈によるスーパーソニック人を披露
  • ロー・フィエラ
  • 2018年 01月 30日

ウールメーカー 『ヴィターレ・バルベリス・カノニコ』は、第26回ミラノ・ウニカにおいて2019年春夏コレクションを発表。『遊牧生活』からインスピレーションを得たデザインを色彩、環境、線描で織りなし披露します。砂漠を行き交うトゥアレグ、ツンドラを駆けるモンゴルの部族、果てはアフリカの高原に暮らすマサイ族まで、遊牧民たちは皆、弛みなく移動し続けることを性分とします。つまり彼らを取り巻くものは家畜であれ、持ち物であれ、旅に適したものでなければならない。それが身にまとう衣服ならなおさらのことです。現代人なら、ヴィターレ・バルベリス・カノニコのファブリックを選ぶことで、仕事中でもオフでも、移動に最高の流動性を確保できる。超音波のごとく、より短時間で緯度の違いによる気候の変化にも対応しながら、幾度も移動を繰り返すビジネスマンは『スーパーソニック人』さながらです。ウールメーカー『ヴィターレ・バルベリス・カノニコ』は、世界のどこであってもジェントルマンとしての完璧な着こなしを約束するファブリック新ライン『SUPERSONIC』を生み出しました。

共有する